ねこらんたん

離婚して猫と楽しく暮らす

ねこらんたん

MENU

【貯金〇〇万円以上】無職で保証人なしでも貯金があれば賃貸は借りられます

f:id:nekorantann:20211128233217p:plain


よしまり

無職だし保証人も頼めない…
こんな私でも借りられるお部屋はあるの?

 

無職&保証人なしの崖っぷち状態から賃貸契約し一人暮らしをスタートさせたよしまりです!

 

私が賃貸契約に成功した一番のポイントは、貯金額。

 

貯金がある程度あれば無職&保証人なしでも部屋を借りることは可能です。

 

この記事では無職&保証人なしでも賃貸を契約するために必要な貯金額と、賃貸契約に必要なものを具体的にご紹介していきます!

 

この記事を読むとわかること
  • 無職&保証人なしでも賃貸を契約するために必要な貯金額
  • 保証人がいない場合の代用方法
  • 賃貸契約に必要なもの

 

無職&保証人なしでも賃貸を契約するために必要な貯金額

まずは結論から!

 

無職&保証人なしの状態で賃貸を借りるために必要な貯金額は

300万円です

 

無職の状態では家賃を支払う能力がないということですから、当然賃貸を借りることはできませんよね。

そこで必要なのが貯金です。

 

ちなみに、私が賃貸を探し始めたときの状況はこんな感じ!

  • 収入ゼロの専業主婦
  • 事情があり親に保証人を頼むことができない
  • 貯金は多少ある

こんな状況の中で賃貸を探し始め、無事新居で一人暮らしをスタートすることができました(*^^*)

 

なぜ貯金が必要か

無職&保証人なしの状態でも、ある程度の貯金があれば当面の家賃を支払うことができるとみなされ賃貸を契約することもできます。

 

よく言われるのは、その貯金額でおおよそ2年間分の家賃が支払えるくらい。

 

よしまり

大家さんによっては、貯金から数か月分の家賃をまとめて前払いすることで入居を許可してくれるケースもあるみたい!

 

保証人は保証会社で代用

保証人が必ず必要です!という物件はどうしようもないので諦めましょう(>_<)

 

保証人が不要、もしくは『保証会社』を利用できる物件を探してください。

 

保証会社とは保証人がいない人でも賃貸を契約できるように保証を代行してくれるシステムです。

保証会社利用料というお金が別途必要ですが、保証人をどうしても用意できない場合にはとても助かるシステムです!

 
保証会社の手続きはすべて不動産屋さんがやってくれるので、手続き上も難しいことはなにもありません(*^^*)

よしまり

私も保証会社を利用して賃貸契約の審査をクリアしました!

 

無職&保証人なしの状態で賃貸契約に必要なもの

「私の貯金はこんなにあるから賃貸を貸してください!」

と口で説明しても賃貸の契約はできません(>_<)

 

入居審査をクリアするためにはあなたの貯金額を証明する必要があります。

 

そのために必要なのが「残高証明書」

 

金融機関で簡単に発行できる書類です。

預貯金額が証明できれば賃貸契約の入居審査もグッとハードルが下がります!

 

まとめ

無職で保証人なしでも貯金があれば賃貸は借りられます!というお話しでした。

もちろん、大家さんによるところは大きくしっかり準備していても審査に落知てしまうことはあると思います。

でも私も崖っぷちの状況から賃貸契約に成功し一人暮らしをスタートさせていますから、決して諦めないで根気強く物件を探してみてくださいね。